読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

ジャニー喜多川の本音と建て前 歪んだ性癖がタレント生命を奪うのか!?

2016年の芸能界における重大事件と言えば、とりわけSMAPの解散に外なりません。

独立騒動から一転して、「国民的」と言われたアイドルグループがその姿を消しました。

彼らのファンは、解散劇を止めようと、最後まで力を尽くして果てました。

 

それもそのはず、ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川氏の言葉を信じたからです。

ジャニー喜多川氏と言えば、業界に長く君臨する顔役の一人です。

当時、彼の口から出た言葉は、「SMAPの解散などありえない! 私が彼らを守る!」だったのです。

 

ところが、どうしたことかこの騒動が落着してみれば、守るどころか解散の憂き目を見ることになりました。

しかも、一人はジャニーズに残り、他の4人は違う事務所に移籍する結果となっています。

結局は、これまでのジャニーズ引退組同様に、反目した者に未来はなさそうです

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ジャニー氏自身がメディアの取材を受けたことで、また一波乱ありそうです。

 

 

どうやって?

 

 

メディアに対して喜多川氏は、「永遠に後押しをしていく」と語ったようですが、どのように行うのかが問われます。

そもそもSMAPは、彼の庇護を受けたくはないがために独立しようとしたわけです。

中でも中居正広氏は、独立話が破綻した時点で、既にジャニーズには見切りを付けていたはずです。

 

さらに、一部のメンバーの間には大きな亀裂が生じ、長年培ってきた信頼関係が断たれた状態です。

その原因を作ったのは、事務所を離れたタレントに執拗な圧力をかけてきた、喜多川氏自身ではないのでしょうか。

そんな彼が、どうすれば「後押し」などと言えるのか、実にその本音の部分が知りたいところです。

 

SMAPの数人は事務所からの移籍をほのめかしているはずですが、ジャニーズ氏はこれに対して、「だけど出ていくことを前提に話をするような、やぼっちいタレントじゃないと思う」と語っています。

この期に及んでもまだ、独り立ちしようとする事務所のタレントに恫喝にも似た言葉を投げかけるとは、甚だ見下げ果てた人間です。

勿論、事務所のバックアップがあるからこそ、芸能界の荒波にものまれることなく泳げるのでしょうが、もともとSMAPは彼のお気に入りではなかったはずです。

 

こう言えば、性的マイノリティーから非難の声が上がりそうですが、やはり同性愛者独特の偏狭的な愛情のこじれが、SMAP解散の原因のような気がします。

 

 

精彩を欠いたメンバー

 

どんなドラマにも主役で迎えられ、たとえ無理をしてでもスターの座につくことを運命付けられた男、木村拓哉氏。

だが、14日にTBSの情報番組にゲストとして出演した彼に、もはやスタートしての輝きは見られませんでした。

今後は、SMAPの木村としてではなく、ただ1人のタレントとして活動することになりますが、さてどこまでスターでいられるのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

これまでも、ジャニーズ事務所を離れたタレントは、急速にその色を失ってゆくのが見られています。

SMAPの4名は、他の事務所に移籍することが決まっているようですが、いつまで第一線に残っていられるのかは疑問です。

解散騒動の余韻を残すここ暫くは、およそ何事もなく活動はできると思います。

問題は、全てがあるべき鞘に収まり、一件が終着を見た後に起こりそうです。

 

ジャニーズ事務所には、齢80を超えても未だに現役を貫く女帝がいます。

もはや老害とまで言われるこの女史は、嫉妬と憤怒の化身ともされるほどの人物です。

この老婆が、そしてその娘とされる次の女帝が、一度反旗を翻した彼らを見逃しておくとは考えられません。

これもいわゆる、屈折した愛情の表れと言うべきでしょうか。

 

 

終わりに

 

メディアの力は強大です。

耐震偽装問題でメディアからの集中砲火を浴びた姉歯一級建築士は、才能ある人物であるにも関わらず、今や世間を隠れて人生を送っています。

これ以外にも、メディアが廃人にした人の数は底知れず、今この時も、また新たな犠牲者が生まれています。

 

しかしながら、ことジャニーズ事務所に関しては、どんな不祥事も表に出ることはなく、真実が明るみにされることはありません。

お笑い芸人、「ダウンタウン」の松本人志氏も、大きな事務所のスキャンダルはいつもマスコミの目を逃れる、と言っています。

なるほど、ネットを賑わすスキャンダルでさえも、それが大手事務所のタレントとなると情報番組でも取り上げないようです。

 

SMAPの解散独立問題を受け、ジャニー喜多川氏は理性的に対処しているようですが、これもまたほとぼりが覚める頃には何かが起こりそうな予感がします。

それでもマスコミは、そんな元人気アイドルには目もくれず、知らぬ存ぜぬを通すのでしょうか。

歪んだ性癖の持ち主は、やはり人格まで歪んでしまうのでしょうか。

 

元SMAPメンバーの、今後が気になるところです。