読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

坂上忍が再び番組内で激怒!フジの局アナの不甲斐なさに苛立ち!

11月18日放送のフジテレビお昼の番組、「バイキング」で、またまた坂上さんの怒りが爆発しました!

いつも怒っている感のある坂上さんが、今度はMCの一人である男性局アナにキレる場面がありました。

とは言っても、これが坂上さんのスタイルなようで、スタジオには緊張した空気も流れず、終始和やかなムードでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

番組の進行には殊の外厳しい坂上さんですが、怒られている局アナも結構な年齢で、見ていて少し気の毒になる人もいたかもしれません。

今回のキレ味はどの程度だったのか、この日の坂上忍にフォーカスしてみました。

 

 

義憤に駆られる坂上さん

 

とにかく、正義感の強い方なのでしょうね。

大酒飲みで、その上ギャンブラーで、年末にはその年の全財産を賭けて、一か八かの大勝負を打つのが仕事納めだそうです。

それと正義感がどう結び付くのかと訊かれると、たちまち返答に窮してしまいそうですが、とりあえずは曲がったことが嫌いなようです。

 

11月11日のUSJで、高校生が退園処分になったニュースも取り上げられましたが、ここでも坂上さんの辛辣なコメントが炸裂していました。

この日叱られたのは、フジの局アナとして人気急上昇中の、榎並大二郎アナウンサーでした。

話題は折しもTPPに関してで、坂上さんがある質問をしたことに、榎並アナの曖昧な態度が彼の闘争心に火を点けた模様です。

 

榎並アナは、その表情からも少々緩い雰囲気を持っている方なので、彼の間を置いた対応に坂上さんの癇癪玉が弾けたのでしょう。

一連の会話は以下の通りです。

 

 

坂上:TPPを見送っている国もあるんだよね?」

 

榎並:「はい」

 

坂上:「何を不思議そうにしているんだ。台本見たら、書いてあるんだ」

 

榎並:「失礼しました」

 

坂上:「おれは台本通り進めてんだよ、これを」、「ここに『榎並』って書いてあるんだよ。寝不足か? 二日酔いか?」

 

 

いささか物言いがきついようにも感じられますが、坂上さんはこのキャラで売っているので、特に問題とするまでもありません。

が、そうはいかないのがネットの世界で、またまた炎上の火種となっているようです。

 

 

過剰に反応するネット社会

 

わざわざ、批判的なツイートを掲載する気にはなりませんが、かなりの苦情が吹き荒れているようです。

そこで、とりあえずはいくつかアップしてみます。

批判するのは分かりますが、批判している人は、他人に対してどんな接し方をしているのかが知りたくなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上のように、読むのすら恥ずかしいような文言が並んでいます。

この、不満をぶちまけたようなツイートをする人の共通点は、ほとんどフォロワーがいないことです。

何か他人の落ち度を見付けては騒ぎ立てる者を、昔は「アジ屋」とかと呼んでいました(企業に潜り込んで内部から破壊する共産党系の工作員、英語のアジテーション:Agitationから来ています)。

 

しかし、極一部にはまともな意見もあり、榎並さんの不甲斐なさを指摘するユーザーもいるようです。

 

 

 

 

芸能人に一般的な社会通念が分かるとは思えず、むしろサラリーマン的なタレントが増えることにこそ異常を感じます(主観ね)。

少なくとも、こうして話題を提供してくれる坂上さんには、タレントとしての存在意味があるのでしょう。

それに対して榎並アナは、給料をもらいながら視聴者を前にして働くサラリーマンです。

台本に書かれたことすら見落としていては、そのうち肩を叩かれることにもなりかねません。

 

 

終わりに

 

普段は、感情走った辛辣な意見しか言わない坂上さんも、USJの事件に関するコメントには異議を唱える出演者もいませんでした。

ネットでは、相も変わらず賛否両論の渦が巻いていますが、万が一入園者が事故に遭ってもネット民が責任を負うわけではなし、ここは坂上さんの意見がまかり通ると思われます。

榎並アナの件にしても同様で、坂上さんは自身の発言に対して責任を問われる立場ですが、ネット民はその責任すら果たしてはいません。

 

多少は鼻に付く言動はあっても、坂上さんと榎並アナの関係は概ね良好なようです。

それこそ、視聴者がどうこういう立場にはないでしょう。

それに、もし坂上さんから毒舌や癇癪を取り除いたら、ただの酒臭い小言親父になるだけです。

「そんな彼なら捨てちまいな!」、です。

 

 決して好きになれそうなキャラクターではありませんが、こんな彼もいていいのではないでしょうか。

芸能界にしかいられないのですから、ぜひ寛大にお目こぼしを。

 

 

 これこそ問題でしょう! そば湯を知らないとは不届きな(主観よ、主観)!

yorozunippou.hatenablog.com