よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

カマキリの足がサラダに混入!?セブンイレブンの商品に衛生問題発生!

前回ははごろもフーズでしたが、今度はセブンイレブンで起こりました。

同店で買ったサラダの中に、カマキリの前足と思われる物体が見付かりました。

ゴキブリではなかったのがせめてもの幸いでしたが、サラダの購入者は、相当な精神的ダメージを被ったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

同種のサラダは既に回収され、店頭には並んでいない模様です。

それにしても、今年は食品に関する問題が次から次へと出てくるものです。

 

 

サラダに紛れ込んだ異物の正体

 

f:id:wwptalk:20161110171302j:plain

 

 

サラダの中に異物が発見されたのは、11月8日のお昼頃でした。

購入者がサラダを買って食べていたところ、写真のような形の物が見付かりました。

ちなみに、この商品は「チョレギサラダ」だそうです。

 

少なくともレタスの切れ端には見えない物体は、まるで折りたたみ式のナイフのようです。

詳しく観察したところ、昆虫の前肢に似ており、鎌状の物体の側面には棘のようなものまで見られます。

色もキレイな緑色をしていることから、一目見た程度では野菜と何ら変わりありません。

 

購入者がこの異変に気付いたのは、サラダを口に入れた時でした。

その触感は、明らかにサラダとは違っていました。

噛んだ瞬間の「ガリッ」とした音に、思わず吐き出していたそうです。

 

 

セブンイレブンの対応

 

吐き出された異物は、まるで折りたたみ自在の鎌のようでした。

購入者が写真を撮ってツイッターにアップしたところ、友人の1人から、「カマキリの足ではないのか?」とのコメントがありました。

この購入者も、異物を手にとって弄ぶとはなかなかの猛者に思えますが、後々気分が悪くなったようです。

 

ハエやゴキブリならまだ可能性がありますが、カマキリがサラダに混入していたとは驚きです。

しかも、足の切り口は、鋭利な刃物によって切断されているのが分かります。

それに、サラダの容器と比較してもかなりのサイズになり、相当大きなカマキリだったと想像出来ます。

 

セブンイレブンでは、この件についての事実関係を調査中としていますが、同時刻に製造販売されたサラダは既に回収済みだということです。

購入者は、この前肢以外は発見出来なかったということですが、他の部位が紛れ込んでいなかったのかは不明です。

肝心の保健所への連絡は、セブンイレブンによって済まされているそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

テラフォーマかっ!

 

「テラフォーマーズ」は、アニメやマンガでは傑作でも、映画としては駄作も甚だしい作品でした。

良くもあれだけクソつまらない、子供騙しにも程がある映画が作れたものですが、ネガティブとは言え話題にはなりました。

昨今の昆虫混入事件を見ていると、この「テラフォーマーズ」が思い出されてなりません。

 

この地球上で、一番生命力が強く、一番種類が多いのが昆虫だとされています。

どんな昆虫も、平均的な人の大きさにサイズシフトが出来れば、おおよそ人類に勝ち目はないとも言われています。

まさに、昆虫恐るべしです。

 

はごろもフーズも、今回のセブンイレブンも、ひょっとすると昆虫の逆襲に遭っているのかもしれませんね(冗談よ)。

ところで、マルハの缶詰にも虫が入っていたのはご存知ですか?

はごろもフーズの事件が、大々的にニュースになった少し後でした。

 

ただ、マルハは、はごろもフーズの二の鉄を踏まず、直ぐに対策を講じています。

商品は三種類、いずれもうなぎの蒲焼だったそうですが、マルハはその全商品を既に回収しています。

その数なんと、2779万缶

この対応は、当然と言われれれば一溜りもありませんが、個人的には賞賛に値します。

 

 

 終わりに

 

カマキリがどこで紛れ込んだのかは知る由もありませんが、それにしてもそのサラダを購入した人は当たり年かも知れません。

勿論、気の毒なことであり、笑いものにして良いわけではありませんが、カマキリの前肢がサラダに入る確率を考えれば、相当な運の持ち主に違いありません。

年末ジャンボ宝くじ、買ってみてはいかがでしょうか。

 

とまあ、話題になりそうな事件が頻発するこの頃ですが、一番の事件は海の向こうで起っています。

ドナルド・トランプ45代アメリカ大統領の誕生こそ、今世紀最大の珍事です。

ここからはただの独り言です(小声でね)

 

トランプ氏が大統領に選ばれたのも民意なら、それに反対するのもまた民意です。

しかしながら、一度決まったものを白紙撤回することは出来ません。

とは言え、196X年には世界を震撼させる事件が起っています。

 

トランプ氏に危機感すら感じているアメリカ国民。

はたして、彼らが選択すべきことは何なのでしょうか?

大統領選挙は終わりましたが、もうひと波乱ありそうな予感がします。

 

 

 起こり得る危機とはこのことか?

yorozunippou.hatenablog.com