読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

Amazonを語るフィッシング詐欺メール横行中!おかしな日本語表記に注意喚起!

注意喚起!

Amazonに似せたメールを送り付ける、フィッシング詐欺が出回っています。

フィッシング対策協議会に詐欺の報告がされていることを受けて、該当するサイトを公開しています。

サイトは、現在もアップされているのかどうかは不明ですが、以下に詳細を載せておきますので、ご確認の上ご注意下さい!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

どうせどこぞのどアホが、翻訳ソフトで訳した日本語を載せているのでしょうが、それにしては手の込んだ事をするものです。

とにかく、当分Amazonからのメールには要注意です。

 

 

Amazon.co.jp からのEメールかどうかの識別について

Amazon.co.jp を装った詐欺メール(フィッシングメール)を受け取った際、Eメールが本当にAmazon.co.jp から送られたものかどうかを識別するための方法がいくつかあります。

 

重要:

偽装の疑いのあるEメール内の添付ファイルやリンクを開かないでください。もし添付ファイルやリンクを開いてしまった場合は、コンピューターを保護するをご覧ください。

フィッシングメールである場合、Eメール内に以下のものが含まれている傾向があります。

 

●注文していない商品の注文確認をする内容

注: アカウントサービスの注文履歴で、Eメールに記載されている注文の情報がサイト上に表示される注文詳細と合致しているかを確認してください。合致していない場合、そのEメールはAmazon.co.jp から送られたものではありません。

 

●Amazon.co.jp のアカウントにご登録のお名前やパスワード、その他個人情報を求める内容
●お支払い情報の更新を求める内容

注: アカウントサービスのクレジットカード情報の編集・削除内にある支払い方法欄にアクセスしても、支払い方法の更新の指示が出ていない場合、そのEメールはAmazon.co.jp から送られたものではありません。

 

●Amazon.co.jp のWebサイトではないサイトへのリンク。「http://××.amazon.co.jp」または「https://××.amazon.co.jp」で始まらないWebサイト

●添付ファイルやソフトウェアのインストールを求める内容

●誤字や文法の間違い

●送信元が、Amazon.co.jp やAmazon.com を装ったEメールアドレス

 

注: 〝 送信元 〞 のEメールアドレスに、以下のドメインリストに掲載されていないインターネットサービスプロバイダが含まれている場合は、偽装メールです。

 

Amazon.co.jp で使用しているドメイン

Amazon.co.jp は以下のドメインを使用してEメールをお送りしています。

amazon.co.jp
amazon.jp
amazon.com
marketplace.amazon.co.jp
m.marketplace.amazon.co.jp
gc.email.amazon.co.jp
gc.amazon.co.jp
payments.amazon.co.jp

 

 

以上は、Amazonの公式ページをそのまま丸ごと引用させていただいた内容です(今回の記事に限り、ほとんど引用です。まいったな)。

文言の一字一句をそのまま載せていますので、安心してご確認下さい。

なお、該当する偽Amazonのページも下に載せておきますので、ご確認下さい。

 

 

どうやらこんなメールが来るようです。

意味不明な日本語が書かれているので、これが怪しいメールであることは分かると思います。

万が一メールを開いた場合は、必ず文面を読んで、少しでも不審な点があれば即座に削除することをおススメします。

下のメールの文言は、明らかに違和感がありありです。

こんなメールは、即刻削除しましょう。

 

 

f:id:wwptalk:20161108221649j:plain

 

 

メールを開くとこのようなサイトに飛びます。

どんなメルアドを入れても、右下のようなフォームに変わるのでしょうか。

その辺りをチェックしてみたいところですが、とりあえずは「君子危うきに近寄らず」ってことで、まるっとスルーして下さい。

 

 

f:id:wwptalk:20161108221941j:plain

 

クソくだらんことをする大馬鹿者がいるようですが、あなたはこんなメールに引っかからないようにして下さいね。

全く、手抜きにも相当する記事ですが、最後までお読み頂き感謝しています。

この件に関しては、また新しい情報が入り次第記事をアップします。