よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

東国原元知事は熟女の天敵!「適齢期の男性は適齢期の女性と」発言が大論争に発展!

またやらかしてくれました。

最近は、前頭葉の毛がすっかり失われてしまった東国原英夫さん。

ご苦労続きなのは分かりますが、自分から苦労を背負い込むとは、なかなかにワイルドな性をお持ちです。

三原じゅん子議員の結婚を巡って、歯に衣着せぬ言葉をしたばかりに、ネットでは論争が繰り広げられています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

先日のフジテレビの番組では、女性出演者から総非難を浴びていましたが、それでもネットでは、彼に賛同する意見もあるようです。

ここ暫くは、暴言にも近い発言が続く東国原氏ですが、女性を敵に回しても再選を考えているのでしょうか。

 

 

発言の内容は?

 

三原じゅん子衆議院議員が、去る10月26日に結婚を発表したことに関して、元宮崎県知事である東国原氏が番組内でコメントしました。

彼のコメントの内容は、

 

「国会議員ですよ。政府は少子化対策を国を挙げてやっているんです。彼女も少子化対策をやっていた。その彼女が結婚適齢期の28歳の男性と結婚するという。しかも彼女の方からアプローチして。少子化を無くす環境を整えて行くのであれば、適齢期の男性に適齢期の女性を紹介して家庭を持つように誘うのが国会議員の役割だ」

 

でした。

 

これに対して、フリーの女子アナである小島慶子さんは、

 

「子供を産むことのできない女性は、子供を残す事が出来る男性と結婚するな、と聞こえる。とんでもない事をいっていますよ。子供を産めない女性は子供を残せる男性を取るな、と聞こえる。子供のいない結婚は無駄な結婚となる。酷い話だ」

 

と反論しました。

 

小島さんの攻撃的な性格はさておき、たとえ同意するにしても、あまりにも攻撃的な意見でした。

それに、昨今は何かとタブー視されているトピックだけに、思っていても口には出さないのが良識あるコメンテーターです。

が、彼にはそれすらも鑑みる余裕はなかったようです。

 

確かに、彼の意見も分からなくもありません。

女性が、結婚相手の男性より20歳も年上のケースは稀有と言えます。

保守的な考えの人なら、おそらく三原議員はただの淫乱女とでも思われるかも知れません。

 

しかし、百歩下がってそれが正しいとしても、権利とか差別とかを持ち出されては、どんな弁舌家でも論破するのは不可能です。

ましてや、感情的に発せられた言葉では、ただいたずらに反発を生むだけです。

東国原氏は、この意見だけで、多くの未婚女性を敵に回しました。

 

 

民進党の党首もそうですが、最近は元グラビア議員が多いような気が……。

yorozunippou.hatenablog.com

 

 

議員よりも秘書に問題

 

生物学的には、雄はなるべく若い雌を性交の相手に選ぶようですが、ごく少数の哺乳類だけはその枠から外れるようです。

そして、人間はその少数派に含まれます。

中には、老人とのセックスを喜びとする者もいるくらいですから、人の嗜好とは分からないものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

しかし、以上の例外を除けば、健康でノーマル嗜好の男性ならば、20歳年上の女性を伴侶に選ぶかと言えば……。

少なくとも、リプロダクションを考えるなら、対象とはならないはずです。

彼が三原議員を選んだのには、結婚生活以上の何かがあると見るべきでしょう。

 

むしろ、この結婚に異議を唱えるとすれば、それは新郎にあり、新婦ではないようにも思えます。

まさに、中根雄也氏にこそ、不純な動機があるように感じます。

ま、政治の世界は魑魅魍魎と狐狸の集まりとも申しますので、彼女と彼も、単に化かし合いをしているのかも知れません。

 

 

どうする東国原?

 

今はまだ下火なようですが、これからどこへ飛び火するかもしれません。

ただの論議で済めば良いのですが、これが人権問題にでも発展すれば、芸能界だけの話ではなくなります。

折しも、国連では、ワンダー・ウーマンが名誉大使に選ばれたくらいです。

女性蔑視の発言は、直ぐさま海を渡るでしょう。

 

ましてや、知事まで努めた人の言葉です、このまま聞き過ごすことはありますまい。

彼からすれば、勉強不足のタレント議員が、ろくな政策もないのにバッジを付けていることが気に食わず、一言苦言を呈したかっただけなのでしょうが、今回ばかりはただの失言に終わりそうです。

そのうちあらぬ方から叱責を喰らい、謝罪の上に番組は降板、とならなければよいのですが。

 

跳梁跋扈の芸能界、一見怖いもの知らずの東国原さんですが、まだまだ上には上がいるものです。

今回の暴言で、芸能生活に終わりが来なければいいですね。

 

 

私には、実はこっちの方が面白い。

yorozunippou.hatenablog.com