よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

ポリアモリーとは不倫や浮気とは違った感覚!ただ自分勝手な行為じゃないのか?

2016年は、芸能人が不倫に湧いた年でした。

まだ2ヶ月を残していますが、これからも不倫は続きます(誰の?)。

不倫は、男と女によってもする理由が違うと言われています。

何がどう違うのかは別のサイトで調べていただくとして、今回は同じ複数人を相手にしても、不倫とは異なる恋愛の形態を話してみようと思います。

それはポリアモリーと呼ばれ、モノアモリーとは対極にある恋愛の形です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

普段あなたが行っているのがモノアモリーで、これは一度に一人の女性(男性)と関係を持つことを意味します。

対してポリアモリーは、複数の相手と同時に関係を持ち、その全ての関係を公にすることを言います。

 

 

ポリアモリー的な関係

 

f:id:wwptalk:20161101222532j:plain

 

 

ポリアモリーについて説明するには、例を上げて話すのが分かりやすくていいでしょう。

Aという女性(男性)が、アルファとベータという男性(女性)と同時に付き合うのを、ポリアモリー的な関係といいます。

ただし、この場合は、アルファとベータはお互いにAの存在を知っていて、同時にアルファとベータと関係を持っていることも了承していなければなりません。

 

日本語では複数恋愛と称されますが、不倫との違いは唯一つ、関係を持つ相手全員がお互いの存在と関係性を知っているということです。

 

 

複雑怪奇な関係

 

要するに、私に彼女がいるとして、その彼女には私以外の男がいて、その男が彼女と関係を持っていることを私も了解していて、またその男も彼女と私の関係を理解しているということです。

2人ぐらいなら複雑でもありませんが、これが3人、または4人となるとどうなるでしょうか。

それも、同時に一人の女子(男子)を共有する事を、はたして一般的な感覚の男子(女子)には可能でしょうか?

 

あなたは、彼女(彼氏)が付き合う相手を知らなくてもその関係を了承しなければならず、相手の男(女)にしてもあなたの存在を受け入れなければなりません。

何か、意味のないロジック問題でも解いているようで気分が悪くなりそうですが、ポリアモリーとはこんな複雑怪奇な関係性を表しています。

不倫やスワッピングにはならず、ポリアモリーの関係にある誰もが、嫉妬による怒りの感情を持たないのだそうです。

 

 

誰がこんな関係を持ちたいのか?

 

一夫多妻制の社会はポリアモリー(この場合はポリガミーです)に当たります。

その逆の一妻多夫制(ポリアンドリー)もそうですが、この制度についてはあまり書く気がしませんが、女子の数が圧倒的に少ない場合に起こります。

扶養力のある男子が、複数の女子を娶る制度がそもそものポリガミーですが、以上の二つの制度から婚姻関係を失くしたのがポリアモリーです。

 

しかしながら、ポリガミー制度を実施している社会の女性に話を訊くと、全ての女性がその制度を受け入れているわけではない事が分かっています(いくら制度とは言え承服は出来ないそうです)。

なぜなら、婚姻関係にある男性の一存で妻の数が増え、それを妻である女性側は無条件に承諾しなければならないわけです(場所によっては夫婦間で協議が持たれるようですが)。

ポリアモリーもこれに似ています(好きになった相手がこの関係性を飲まなければ、それ以上の関係には発展しないでしょうが)。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そもそも、日本が一夫一妻制を布くようになったのは、戦国時代にキリスト教が伝来した頃だと言われています。

それと、福沢諭吉や極一部の人間の運動により、社会制度が見直されて今に至るとされています。

慶応大学には女生徒を強姦する男子学生も少なくないと聞きますが、こんなところに反動が来ているのでしょうか?

 

いずれにせよ、不倫が社会問題になり、重婚が犯罪として扱われるようになったのは、一夫一妻制を導入してからのことです。

 

 

終わりに

 

ここからはただ私見を述べさせてもらいますが、ポリアモリーは自制心の無い輩の詭弁だと思っています。

一人の相手では満足出来ずに複数の相手を求める男女が、浮気や不倫をしている罪悪感には苛まれたくないために作り出した行為が、ポリアモリーだと思っています。

関係を持つ全ての相手が、お互いの関係を知っているから浮気や不倫にならないだけで、この行為そのものが社会に受け入れられてはたまったものではありません。

 

心理学者や精神科医は、これをあたかも人間の性とでも言いそうですが、では何のために自制心があり、欲求を制御することが可能なのが分からなくなります。

複数の人間に魅力を感じ、同時に好意を抱くこともあるでしょう。

それが必ずしも悪しき感情だとは思いませんし、既婚者でもそれが原因で離婚することもあるはずです。

 

しかしながら、このポリアモリーは、飽くまでも当事者間のご都合主義で、けじめの効かないマニアックな人間の願望であると考えます(ただやりたいだけの関係を増やすのに、精神がどうのという理由は必要ない)。

ポリアモリーを実践する人間を否定するつもりもありませんが、やるなら自分達のコミュニティーだけでするべきです。

抑制の効かなくなった欲望を、あたかも精神疾患のように表現するのは止めてもらいたいものですね。

 

何か問題が起こる度に容認していれば、そのうち秩序も制度も崩壊してしまいます。

今でさえ、既にモラルもエチケットも地に落ちた感のあるこの社会で、これ以上余計なシステムを増やしてもらいたくはありません。

もし、この行為を肯定するなら、一夫多妻制になったとしても問題はないのでしょうか?

 

 

何がどう違うというのでしょうか?

yorozunippou.hatenablog.com