読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

日テレがバッシングの嵐に!アンパンマンフェス実は無料じゃなかった!

日テレでは、今年から「アンパンマンフェスティバル」を行っています。

10月3日から行われてこのイベントに、当初は1万人を予想していたのが、開催期間の8日で10万人を突破しました。

日テレにしてみれば嬉しいことなのでしょうが、実はここに思わぬ落とし穴があったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

日テレの発表では、イベントへの入場料は無料としていましたが、それがそうではなかったことが判明。

参加者の間からは、言い知れぬ不満が漏れています。

 

 

入場料は無料ですが

 

f:id:wwptalk:20161028005244j:plain

おっと、こちは「ワ」ンパンマンだったね。

 

 

10月3日から始まったイベントは、10日まで続けられました。

日テレの予想では、来場者数は1万人を見込んでいたようですが、開いてみれば10万を超過していたそうです。

世間的には盛況で羨ましい限りですが、当の日テレは満更喜んでばかりもいられないようです。

その理由は、クレームとまでは行かずとも、来場者からのバッシングに晒されているからです。

 

日テレの発表では、イベントへの入場は無料としていたのですが、アトラクションに参加するには料金が必要だったのです。

しかも、

 

「ストーリー体験型アトラクション『ぼく、アンパンマンです』1人1000円。

他にもアンパンマンたちと記念撮影できるフォトグリーティングは1人500円。

豪華賞品が当たるアンパンマン縁日は各1回500円。

特製アンパンマンサンバイザーがもれなくついてくるスタンプラリーは1人500円といった具合。

お金がないと楽しめないイベントだったんです」(イベントに参加した広告代理店関係者) 

 

だったそうです。

 

これにはさすがの参加者さんも、空いた口が塞がらなかったとか。

思わぬ出費に、財布が下痢を起こしたのだそうです。

ただ、日テレにしてみれば、思わぬ収益に笑いが止まらないのだそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

内情はそれほど単純でもない!

 

一見、儲かってそうなこのイベントですが、内情はそれほど単純ではないそうです。

それもそのはずで、キャラクターを使うにはそれ相応の利権代が発生するわけで、アンパンマンにも相当の金額が支払われるのです。

「ただより安い物はない」とは言え、蓋を開ければ、「ただより高い物はない」のが実態でした。

 

しかも、罪のない顔をしているアンパンマンですが、結構取るものは取るらしく、

子供が聞いたらひきつけを起こすのではないかと思われるくらいに、シビアな金額を要求するようです。

聞くところによると、日テレが手にするのは収益の三分の一にも満たないほどで、下手をすれば持ち出しにもなるかもしれないとかしないとか。

 

それにしても、死してなお何ヶ月?、しっかり儲けはキープしているようです。

 

 

終わりに

 

降って湧いたような収益に、一度は小躍りした日テレさんですが、悪銭身につかずではありませんが、それほど美味しい話ではなかったようです。

一番儲けたのはアンパンマンの権利元で、何もせずにキャラを貸しただけで大儲けです。

子供の味方であるはずのアンパンマンが、実は金にうるさい興行主と知れば、純真無垢な子供達はどう思うでしょうか?

 

また来年も開くそうですが、苦しむのはイベントに来た参加者だけとは、アンパンマンは本当に正義の味方なのかどうか疑いたくなってしまいます。

みんなが喜ぶような、そんなイベントであって欲しいものですね。

 

 

 こんなところにも落とし穴が。

yorozunippou.hatenablog.com