読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

PPAPはパン・パイナッポー・アッポーパン!正体は高校の購買部でしか買えないパン!?

YouTubeで一大旋風を巻き起こしている動画と言えば、「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」です。

フリーのシンガー・ソングライターである、ピコ太郎さんによるパフォーマンスが今や世界的に話題となっていますが、その「PPAP」に便乗した製品が遂に販売されました。

いずれ出てくるとは思っていましたが、それはとある高校の購買部での出来事でした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

商品名は、「パン・パイナッポー・アッポーパン」。

これは、「ペンパイナッポーアッポーペン」をもじって作られた、パンだったのです。

 

 

神奈川県のパン屋さんが製造

 

f:id:wwptalk:20161021203406j:plain

 

 

このパンを作ったのは、神奈川県の藤沢市にある長後製パンさん。

 

何でも、

 

「高校でもPPAPが流行っていると聞いたので、買った高校生に笑ってもらえたらと思いまして」

 

といった、ギャグのような動機で作ったそうです。

 

そもそもこのパンは、購買部で売られている写真がTwitterにアップされたことで注目を集めたようです。

ただし、名前を「PPAP」に似せて作っただけではなく、しっかりとパイナップルとリンゴをパンの上にも載せています。

それを無理にも、パイナッポー・アンド・アッポーと言わせるところが憎いような恥ずかしいような。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

肝心のTwitterでは、

 

「商魂逞しい…と言うか…楽しいアイデアですね!」

「素晴しい」

「さすがに『ペン』は原材料に含まれていませんね」

 

といった声が上がっています。

 

この長後製パンさんですが、藤沢エリアの高校の購買部専門にパンを作っているらしく、「PPAP」を見たのはちょうど2週間ほど前だったとか。

動画を見た瞬間に、「こいつはパンでもいける!」と思ったんだそうですが、それにしても「PPAP」に合わせてパイナップルとリンゴを持ってきたところはさすがです。

期間限定商品として、10月20日から主に高校の購買部を中心に発売しているそうです。

 

長後製パンの担当者さん曰く、

 

「おもしろさを追求して作った商品だったのですが、まさかここまでネットで話題になるとは思っていませんでした。ちゃんと味もおいしく作っているので、引き続き高校生たちに楽しんでほしいですね」

 

だそうです。

 

藤沢エリアの高校の購買部で売っているほか、一部の店舗でも取り扱っているそうで、価格は170円(税別)とお買い得です。

ピコ太郎さんの人気と共に、今後も売り上げを伸ばせればいいですね。

ひょっとすると、明日以降は品切れが続くかもしれませんので、ご購入はお早めに!

 

美味しいと思いますよ、パン・パイナッポー・アッポーパン

 

 

 こいつもギャグだな。パン屋さん同様に、年季が入っているところが憎いです。

yorozunippou.hatenablog.com