読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

暁星高校生徒がナイフで刃傷沙汰!三人が刺されてケガ!

東京千代田区の名門私立高校・暁星高校で、生徒の1人が3人にナイフで切りかかり、ケガを負わせる事件がありました。

生徒同士のケンカとされていますが、これにより仲裁に入った教師もケガをしています。

警視庁は、傷害事件として調査を始めました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

最近は、ほんの少しのことでもキレる若者が多くなってきましたが、今回のように名門校での事件はレアなケースです。

お坊ちゃん高校で一体何があったのか、事件を追ってみました。

 

 

日本有数の名門高校

 

 

f:id:wwptalk:20161017185033j:plain

 

 

2016年10月17日昼過ぎ、都内の私立怜暁星高校で、男子生徒の一人が他の生徒に対してナイフで切り付けるといった事件がありました。

生徒同士によるケンカが原因と見られていますが、分けに入った生徒と教師もそれぞれ切られてケガを負っています。

事件が起こったのは自習時間中で、ケガを負った教師はそのクラスの監督に当たっていました。

 

犯行に使われた凶器は、刃渡り10センチはある折りたたみナイフで、相手の生徒は肩を切られて病院に搬送されています。

止めに入った生徒も、切られはしたものの軽症で済んでいるようです。

監督をしていた教師も指などを切られましたが、いずれも軽症だということです。

 

暁星高校は、1880年代から続く名門校で、毎年多くの生徒が東大に進学することでも知られています。

ちなみに、光星、明星、海星は姉妹校にあたります。

 

 

ケンカの原因は?

 

男子生徒が凶行に走った原因はまだ分かっていませんが、おそらく二人の生徒間での些細な口論が発展したと考えられます。

事前に大きなトラブルが見られなかったことから、感情の昂りによる衝動的な事件のようです。

しかしながら、この学校のシステムを調べるうちに、多くの生徒が深い闇を抱えているのではないかと思われて来ました。

 

 

カソリック高校

 

多くの著名人を輩出している同校ですが、中でもファッションデザイナーで「Men's BIGI」の設立者である菊池武夫氏が有名です。

彼は、環境省のバックアップによる、クールビズ推進協議会の共同代表でもあります。

他には、歌舞伎役者で俳優でもある、香川照之(九代目市川中車)さんや、大物俳優である北大路欣也さん、他にもタレントの藤村俊二さんをOBに持ちます。

 

お笑い芸人のモト冬樹さんや、グッチ裕三さんもこの学校の卒業生です。

この二人が卒業生と聞くと、いささか格式が下がるような気がしないでもありませんが、お二人とも多才なところは名門に恥じないタレントです。

卒業生の多くには政治家や学者もおり、日本社会の中枢を担うような人物も少なくありません。

 

フランス系カソリック修道会のマリア会を母体とする、全国屈指のカソリック校として知られています。

幼稚園、小学校、中学校、高校と、一貫した教育システムを取る上で、私立男子中学校と高等学校を運営しています。

しかも、高等学校では受験を実施しておらず、外部からの生徒を一切募集しない完全中高一貫方式が取られています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

一貫教育がもたらす弊害

 

近頃では、中学から高校までの一貫教育を行う学校が増えているようです。

公立中高でのゆとり教育問題やいじめ問題を考えた場合、私立ではその割合が減るようですが、必ずしも「無い」とは言えず、その場合かなり深刻な問題に発展しかねません。

今回の事件がイジメを発端とするのかは不明ですが、何らかのストレスによるものとも考えられます。

 

とりわけ、私立名門校の生徒(富裕層の子息の可能性)がナイフを所持していることこそが問題点です。

銃砲刀剣類所持等取締法第22条では、

 

「業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない」

 

と定めています。

 

今回のケースでは、生徒は刃渡り10センチにもなるナイフを凶器としており、2年以下の懲役か30万円以下の罰金に処せられるはずです。

これが一貫教育のもたらす弊害だとすれば、闇はかなり深いところまで浸透しているようです。

 

 

終わりに

 

せっかくのエリートコースに進みながら、ほんの小さな欲望を押さえきれずに、転落人生を歩む輩が増えています。

今更ながら彼らのニュースを取り上げるつもりはありませんが、もったいないことはこの上ありません。

しかし、彼らの異常性がもっと早期に発覚しないのには、偏に一貫教育による閉鎖性が原因といえるのかも知れません。

 

いずれにせよ、この学生の未来は閉ざされたも同然です。

今回の慶応大学生による強姦事件を見てみても、一貫教育による人間性の形成に過ちがあるとしか考えられません。

おそらく今後も、有名進学校卒業生によるこのような問題(傷害、窃盗、詐欺)が増えると予想されます。

 

いずれの学校も、宗教や一部の教育者の理念に基づく教育による「人格の完成」を謳っているようですが、とんだ人格崩壊者を育成しているようです。

「社会の福祉に努める人物を育成することを建学の精神」としていますが、現実ではそれとは程遠い人間が生まれているようです。

 

 

間違った思想を刷り込まれると、間違った考えを持つ人間が生まれます。

yorozunippou.hatenablog.com