よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

腎臓結石にはビッグサンダー・マウンテンが効果あり!?米国の医療チームが発表!

今や、腎臓結石は手術によって治す病気ではありません!

そう言っているのは、アメリカはミシガン州の大学研究者達で、このほど研究結果を米整骨医学会誌に発表しました。

何でも、ジェットコースターの振動が腎臓を揺することから、詰まっていた結石が器官を通って出るのだそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ビッグサンダー・マウンテンが治療法?

 

 

f:id:wwptalk:20160929202112j:plain

 

 

そんな冗談じみた論文を発表したのは、同大学の教授であるデービッド・ウォーティンジャー氏です。

事の発端は、ある患者の体験談によるものでした。

彼が言うには、フロリダのディズニー・ワールドにあるビッグサンダー・マウンテン(ジェットコースター)に乗ったところ、3個の結石が出たのだとか。


それを聞いた教授は、早速実験に乗り出します。

ご丁寧にも、シリコンを使って人の腎臓そっくりに作ったモデルを作成し、その中に尿と結石を詰めて、他の研究者と共にディズニー・ワールドへ行きました。

バックパックに入れられた疑似腎臓は、ちょうど人の腎臓の位置に来るように調整されて、二人の研究者の間に挟まれたまま、ビッグサンダー・マウンテンに乗り込んだのです。

 

何度も乗降を繰り返すうち、モデルの中の結石が移動して行く様子が確認されました。

ジェット・コースターは、前の方よりも後ろの方に乗ったときが結果は顕著で、そうすることでおおよそ64%の割合で結石が出たそうです。

この実験を行うに際しては、しっかりとディズニー側からの許可を取ったそうです。

 

この論文は、最終的には230回のトライアルを経てまとめられ、およそ70%にも及ぶ確率で結石が取り除けると言っています。

教授らの見解では、腎臓に適度な振動を与えることで、結石が膀胱へ通過しやすくなるのではないかとしています。

この治療法(ローラーコースター療法)は、結石が小さいほど効果的で、同教授によると、「4mm以下の結石なら手術の必要はない」と明言しています。

 

これに対してジョージア州の泌尿器科医師であるジョン・パッタラス氏は、「結石は腎臓の下部にあることが多く、外に出るには集合管の真ん中まで移動しなければならない」とし、上の教授が言うように、急激な振動により結石の動きを助けるとの考えに同調しました。

しかし、中には疑問を呈する専門家もいるようで、治療法の信憑性はまだ不十分と言え、またこれまでには例を見ない方法故に、患者には勧められないとしています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

民間療法ではジャンプが効果的?

 

昔からよく聞くことに、「結石は飛び上がって落とせ」などと言われています。

根拠のない民間療法だと思っていましたが、満更眉唾ものでもないようです。

ただし、それなら患者は、年がら年中飛び跳ねていなければならず、本来の治療にも専念していられなくなります。

 

この実験では、一回の乗車で結石が取れるとは言っておらず、また何度繰り返せばいいのかも告げられていません。

ビッグサンダー・マウンテンは人気のアトラクションであり、そうそう続けて乗ることも出来ません。

一度の乗車で、上のような結果になるのなら挑戦する価値はありそうですが、そうでなければ時間と金の無駄使いになるのではないでしょうか。

 

 

終わりに

 

世界には、大真面目におかしな医療法を実践する人がいますが、本物の医者が一患者の言葉を真に受けて行動するのもいかがなものでしょうか。

しかも、教授ともあろうお方が、わざわざテーマパークまで出向いて実験をするとは、何とも余裕のあることです。

とは言え、鰯の頭も信心から、などとも申します。

わずかでも効果が期待出来るなら、それに突っ走ってみるのも悪くはないかもしれません。

 

とりあえずは、薬を続けて服用し、時折飛び上がってみるのが良さそうです。

 

 

医療繋がりです。また新たな事実が浮かんで来たようですね。

yorozunippou.hatenablog.com