よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

お笑い芸人が猥褻行為で逮捕?!同姓同名の中学教員に中川家大迷惑!?

中川剛と言えば、あのお笑い芸人で有名な「中川家」の長男です。

彼の立ち位置は、画面に向かって左側、小柄な方の男性です。

その彼が不祥事を起こしたのかと思いましたが、ただの同姓同名の全くの別人でした。

 

お笑い芸人「中川家」の剛さんの名誉のために言っておきますが、今回の事件は彼とは何ら無関係です!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

f:id:wwptalk:20160921181953j:plain

今回の事件に関わっているのは、左側の人ではありません。

 

 

中川家のお二人にしてみれば、また新しいネタの一つにでもなるのでしょうが、それにしてもはた迷惑な話です。

思わぬとばっちりに、またパニック障害が出なければいいのですが。

 

 

立命館守山高校教師猥褻事件

 

事が起こったのは、2016年の春でした。

滋賀県守山市三宅町に所在する立命館守山高校の元教師が、男子生徒に対して猥褻な行為をしたとして逮捕されました。

ここまでは、最近よく耳にする教師の醜態です。

もはや、社会的地位は地に落ちた感のある教職ですが、転落先はまだまだ深いところにあるようです。

 

中川剛容疑者(29)は、男子中学生を自宅に呼び込み卑猥な行為に及んだとして、県青少年健全育成条例違反の疑いがかけられています。

被害に遭った男子生徒とはSNSを使って頻繁に交信を続けていたようですが、それにしても未成年を相手に同性愛行為を強要するとは、ロリコンの変質者に他なりません。

この事件以来、少年は精神に深い障害を負っており、今後の学生生活にも支障が出ると思われます。

 

しかし、一部にはこの一連のやり取りに疑問を呈する者もいるようです。

なぜなら、中川容疑者と男子生徒は、複数回LINEを使っての会話をしており、容疑者の自宅には一度ならず二度までも訪ねて行っているからです。

ここに、お互いの承諾があって行為に及んだのかは別としても、いずれにせよ何らかの意思の疎通があったと見なす人がいるのは確かです。

 

中川容疑者は容疑を否認しているようですが、そもそもこの事件の発端は、男子生徒の親が中川容疑者に相談を持ちかけたことでした。

中川容疑者は、現在は教職から退いていますが、5月までは同校の教師として教壇に立っていました。

未成年者に対して猥褻行為に及びながらも、発覚するまではのうのうと教師をしていたことになります。

この事件もそうですが、最近はあまりにも教師による性犯罪が多過ぎます。

文科省は、今後教師になる者の精神鑑定をすべきだと考えます。

 

 

しかしながら、この事件はLGBTの人達を巻き添えにしてはならないタイプの事件であり、むしろ彼らこそ被害者だと考えられます。

この事件を受けて、ツイッター上では以下のような心無いツイートをする輩もいます。

 

 

 

 

はたして、当事者以外の学生がLGBTを理由に精神障害を被るとは思えませんが、それにしてもLGBTを揶揄する偏見に満ちたツイートです。

発言は自由でも、その矛先がどこに向いているのかを、今一度熟慮してもらいたいものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ただ、この事件にはもう一つのオチがあり、それは立命館守山高校の副校長が被害者宅に連絡をして、事件が外部に漏れることの口封じを画策していたことです。

被害少年の母親は、立命館守山高校の副校長から、「警察に言うのは控えてほしい」とのメールを受信しており、学校側もこの事実を認めています。

さらに学校側は、「生徒の立場を考え、取材には答えない」との立場を示しています。

 

今や、学校を上げての事実隠しに動いているようで、全く、事の重大さを感じていない模様です。

 

その昔、教職と言えば医者に次ぐ聖職と思われていましたが、現在ではただ自制心すらない者の社会を謀る姿となりつつあるようです。

これこそは、教職に準ずる人への侮辱であり、またその地位を貶める行為です。

しかも、犯罪行為に及ぶ教師はまだその氷山の一角にしか過ぎず、彼ら犯罪者の予備軍ともなる者達に学問を教わる生徒が気の毒で仕方がありません。

 

日本の教育が危ぶまれる今日、教師の適性を精査する必要に迫られているようです。

 

 

ところで、この教授はどうなったのでしょうか?最近、とんと噂を耳にしませんが。

yorozunippou.hatenablog.com

 

 「中川家」が関係していなくてよかった、良かった。