読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

ウサイン・ボルトもう一つの顔 世界最速の男は秘密結社の一員だった?!

オリンピックも無事に閉幕し、予想されていた大きな混乱もなく、リオの町にも再び静粛が訪れようとしています。

ほとんどの選手が自国へ向かう帰路に着き、事故や病気など、当初の心配も取り越し苦労に終わったようです。

とは言え、波乱万丈の大会となったとことは否めず、多くの選手はブラジルでの開催に疑問を持ったことでしょう。

 

ところで、オリンピック三連覇を安々と達成したウサイン・ボルト選手に、ある奇妙なウワサが立っています。

それは、彼があの有名な秘密結社の一員ではないかというのです。

 

 

f:id:wwptalk:20160823171124j:plain

<引用元:Youtube>

 

 

この世界に、秘密結社といえば星の数ほどありますが、中でも有名なのはイルミナティー(illuminati)です。

フリーメイソンはご存知だと思いますが、その中でも特にアンチクライスト(反キリスト主義)を唱える人達によって結成された組織です。

トム・ハンクス主演の映画、「ダ・ヴィンチ・コード」の中でも紹介され、日本でも多くの人の知るところとなりました。

 

このイルミナティーのメンバーに、ボルト氏が名を連ねていると言われています。

さて、その真相は?

ウソかマコトか、彼がセイタニスト(悪魔信仰者)の一人であることを立証する人がいます。

 

 

f:id:wwptalk:20160823172224p:plain

 

 

Youtubeで、イルミナティーに関する自論を展開する、ザ・ヴィジラント・クリスチャン(The Vigilant Christian)さん。

彼のチャンネルには、およそ40万人の登録者がいます。

自他ともに認めるイルミナティーやセイタニズムの研究者であり、その彼がボルト氏のイルミナティー説を立証しています。

 

先ずは下の写真をご覧下さい。

 

f:id:wwptalk:20160823172926j:plain

 

ひとつ上の写真を見ていただければ分かりますが、ハンドサインにもいろいろな種類があります。

多くの人は、そのオリジナルの意味すら知らずに使っていますが、ことエンターテインメント業界とファッション業界に関しては、明らかに知っていながらこれらのサインを作っています。

ただのこじつけか、都市伝説と笑う人もいるでしょうが、実際にフリーメイソンは存在し、セイタニズムは今もこの社会の何処かで行われています。

 

信じるか否かは別にして、フリーメイソンが巨大な組織であるのは確かなことです。

アメリカ政府の要人や、大企業のCEO、それにハリウッドのスターやミュージックインダストリーの大物歌手などは、ほぼその一員となっています。

 

ここで、ボルト氏の手に注目してみましょう(写真右端)

これは、彼がDJとして招かれ、ターンテーブルを回していたときに撮られた写真です。

彼の薬指には、フリーメイソンのリングが光っています。

 

これは、メンバーに贈られる特別のリングで、一員でもなければ着けることは叶いません。

そして、フリーメイソンのリングを模倣するような危険な真似をする業者を、未だかつて聞いたことはありません。

ボルト氏がはめているのは、十中八九本物のメンバーリングです(左端の写真でも薬指に着けています)

 

では、もう一つの写真を見てみましょう。

 

f:id:wwptalk:20160823175322j:plain

 

彼のお馴染みのポーズですが、これらもイルミナティーのハンドサインと言われています。

左の写真のサインは、オカルト信教でのサバトのオス山羊、もしくはケルト神話の冥府の王を示します。

右は、アンチクライストのシンボルと言われる666(映画「オーメン」で有名になりました)です。

 

彼がハンドサインの意味を知りながら、意図して仲間に送ったのかは定かでありません。

ですが、指輪と、頻繁に作られるそれらのサインを合わせて考えると、満更ウソとはいえないように思えます。

それに、普通数字の3を伝えるときは、親指、人差し指、中指のコンビネーションか、人差し指、中指、薬指の組み合わせを使います。

普段から何気なく使っているOKサインですが、少し指の間隔を広げれば、それは666のサインに早変わりするのです。

 

ここで一つ疑問が湧くのですが、それはイルミナティーは反社会的組織なのかどうかです。

なるほど、日本の芸能界でも、大成するタレントの多くは反社会的組織との癒着があります。

彼らの所属する芸能事務所が、反社会勢力と蜜月の関係にあるので、拒否するわけにも行かないのでしょう。

 

しかし、イルミナティーはどうかというと、NWO(ニューワールドオーダー)でも明らかなように、一部の人間によって社会を統治しようとする組織であることには違いありません。

ただ、暴力団や半グレのように、犯罪に直結する組織だとは言い切れません。

そもそも、アンチクライストが悪なのかどうかさえ、一般庶民には分からないことなのです。

 

いずれにせよ、私の理解が及ばない領域での事柄ですので、推量でしかお話できませんが、何か大きな力が存在することだけは確かなようです。

それが証拠に、ディズニーの創始者であるウォルト・ディズニーは、フリーメイソンの一員であり、人種差別主義者であり、男尊女卑に賛成で、その上反共産主義者でした。

そして、今もディズニーの映画やアニメには、セイタニズムやセクシズム、それにセックス描写がふんだんに使われていると言われています(その殆どがサブリミナルメッセージとして組み込まれているそうです)

 

例え、ウサイン・ボルト氏がイルミナティーのメンバーであっても、何も不思議ではありません。

 

ただ、ウワサはウワサでしかなく、真実はいつも闇の中です。

しかしながら、スターとなり、国の中枢を担う人物との接触を持つようにもなれば、自然と感化されるのも当然かもしれません。

アメリカでは特に、スターと呼ばれる人間は人類の頂点にでも立った気でいるので、イルミナティーの誘いにも簡単に乗るのではないでしょうか。

 

ボルト氏の、この件に関してウワサが立ったとき、6割近くの人が信じたのも頷ける気がします。

はたして、彼は本当にイルミナティーなのでしょうか?

信じるか信じないかは、アナタ次第です。

 

 

こちらもおススメです。

 

 

問題のYoutube動画


Usain Bolt Illuminati 666 Hand Sing & Mocks Christ after Winning Relay/ 2016 Rio Olympics EXPOSED

yorozunippou.hatenablog.com