読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

ウサイン・ボルトの速さの秘密!これが世界最速の男の食事だ!

リオオリンピックでも金メダルの獲得が期待されているウサイン・ボルト選手。

今回のオリンピックを最後に引退が囁かれていますが、三連覇を果たしてのリタイヤとなるのでしょうか。

そんな、「世界最速の男」の名をほしいままにするボルト選手ですが、彼の速さの秘密を探ってみました。

 

尋常ではないトレーニングを積んでいるのは勿論のこと、それ以外にもメンタルトレーニングやリラクゼーションは欠かせないと思われます。

しかし、やはりそれ以上に重要なのは、彼が日頃から食べている食事です。

「あなたの食すものがあなた自身を作る」と言われるように、食事こそがボルト選手の強靭な肉体を作っています。

 

そこで、彼がどのような食事を取っているかにフォーカスしてみました。

 

 

f:id:wwptalk:20160814232255j:plain

<引用元:https://www.washingtonpost.com/news/early-lead/wp/2016/08/13/usain-bolts-mom-wants-him-to-focus-on-finding-a-wife-after-the-olympics/

 

 

もっぱら、毎日の献立を上げるのは大変ですので、ここ数日のリオでの食事を参考にしてみました。

彼ほどになると、高校球児の寮で用意される食事のように、複数の人が食べるメニューではなくなります。

彼一人のための調理師がいて、栄養を管理する専属のエキスパートが同行します。

 

彼の一日は、先ずタマゴサンドイッチから始まります。

どのようなタイプかは明らかにされていませんが、おそらくは全粒粉を使ったベーグルタイプのサンドイッチでしょう。

日本で食べるような、食パンの真ん中だけを使ったものでないことだけは確かです。

 

朝食が終わるとウエイトルームに直行です。

20分のウエイトトレーニングで汗を流し、その後に軽めの昼食を取ります。

ここでは比較的軽く済ませ、パスタとコーンビーフ、または魚料理か肉料理が出されます。

 

彼が注意しているのは、日中は必要以上のエネルギーを摂らないことだそうです。

なるべく早く消化され、エネルギーとして使われるだけの量の食事をします。

昼食が終われば本格的なトレーニングが始まり、先程の食事から得たエネルギーはほぼ全て消費されるようです。

 

トレーニングが終われば夕食ですが、ボルト選手は就寝前まではかなりの量の食物を口にするそうです。

基本的には、多くの野菜と蛋白質を取っています。

最も積極的に食べるのはブロッコリーだそうですが、けっして好きではないそうです。

 

 

f:id:wwptalk:20160815002428p:plain

<引用元:https://sports.yahoo.com/news/heres-legendary-sprinter-usain-bolt-140000874.html

 

 

三年ほど前まではほぼ管理されることもなく、何を食べるかなどは気にもしていなかったそうです。

それが本気でスプリントに打ち込むようになったとき、真っ先に変えたのが食習慣でした。

元々、才能を秘めていたのでしょうが、食事を意識することで一気に開花したようです。

 

もし、日本のアスリートで、記録が伸びずに悩んでいる選手がいるようなら、先ずは食生活を根底から見直してみてはいかがでしょうか。

 

最後になりましたが、ボルト選手は、水分補給のためのボトルを必ず側に置いています。

何よりも水分不足に陥らないようにすることが、厳しい練習にも耐える秘訣だそうです。

ちなみに、彼がよく飲むのはゲータレードです(スポンサーですからね)

 

リオオリンピック男子100メートル走決勝は、8月15日7時15分からフジテレビで生中継の予定です。

 

 

こちらもおススメです。

yorozunippou.hatenablog.com