よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

リオオリンピックでまたもやハプニング!飛び込み用のプールがとんでもない色に?!

何かに連れて、話題に事欠かない今回のオリンピック。

選手村では、二人のアスリートがセクシャルハラスメントの容疑で捕まり、元ドーピング選手とクリーンな選手との間には諍いが勃発しています。

汚染された海の中で競技を行う選手からは、悲鳴でも聞こえてきそうです。

 

しかし、問題は、選手村でも汚物の浮く海でもなく、ごく選手の身近にあったのです。

 

それは9日の夜のことでした。

普段は、青々とした水を湛える競泳用のプールですが、その日は図らずも緑に変わっていたのです。

もっとも、それはダイビング用(飛び込み)のプールですが、いつもは底が見えるような水に飛び込む選手達も、その時ばかりは訝しげな顔をしていたようです。

 

 

 

 

上の写真は、男子ペア飛び込みで銅メダルに輝いた、トム・デイリー(Tom Daley)さんのツイートです。

折しも、女子ペア飛び込みの決勝が開かれていたときで、色の変わったプールを見て、誰もが言葉を失っていたそうです。

どうやら藻の一種が異常繁殖したようですが、それにしてもおかしな現象が起こったものです。

 

さすがのアスリート達も、見た瞬間は息を飲んだようですが、今のところは健康被害も届けられておらず、問題にはなっていないようです。

オリンピック関係者によると、暑さと無風状態が重なったためにこのような事態になったとか。

それにしても、前代未聞のハプニングには、開いた口が塞がりません。

 

24時間前までは青だったのに、飛び込もうとした途端に色が変わっては、いかに練習を積んできたオリンピアンといえど肝が冷えたことでしょう。

聞くところによると、プールの管理者からは、このような事態に陥るかもしれないとの警告はされていたそうですが、なんともブラジルらしいというべきでしょうか。

それに、ブラジルのナショナルカラーは緑ですから、地元の人達はこの出来事にも喜んだことと思われます。

 

 

f:id:wwptalk:20160810230859j:plain

<引用元:http://www.mirror.co.uk/news/world-news/olympic-diving-pool-green-organisers-8599755

まるで海に飛び込んでいるような。

 

 

とりあえず、大きな事故も無くて一安心ですが、なるべく早く青い水に戻ることを祈るばかりです。

でないと、今度は魚の泳ぐプールで競技を続けることになるかもしれませんからね。

サメが出たりして。

 

 

この記事もおススメです。

yorozunippou.hatenablog.com