よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

クッキーから育った芸術品「アントルポ/ANTOLPO」!もったいなくて食べられません!

下の写真を見てもらっても、それがスイーツだと分かる人は少ないはずです。

それは何かと訊かれれば、ああ訊かれれば?

そいつあクッキーです、と応えます。

 

初見の人には信じてもらえそうにもありませんが、卵白と砂糖を混ぜて作る、あのアイシングで出来ています。

クッキーをベースにして、その上を色とりどりのアイシングで飾ったお菓子です。

ただし、これはアイシングがメインであって、クッキーは飽くまでキャンバスの役割を果たしています。

 

「どこから食えっちゅうねん?」

そんな声がどこからともなく聞こえてきそうですが、確かに食べるのがもったいなさそう。

出来れば、このままフレームに入れて飾っておきたいような気分になります。

 

 

f:id:wwptalk:20160731084141j:plain

風神雷神図。だいたい上手過ぎるでしょ、絵が。

 

 

このアイシングクッキーを作った方はと言えば、小倉千紘(おぐらちひろ)パティシェその人です。

お店の名前は、アントルポ/ANTOLPO

フランス語のように聞こえますが、実はパティシェの手による造語だそうです。

 

何でも、彼の苗字の「小倉」をひねくり回しているうちに、「倉」をフランス語でEntrepotと言うことから、とどのつまりが「アントルポ」となったとか。

名前からして既にお洒落の極地を行っていますが、肝心の商品はそのまた斜め上を飛んでいます。

 

先ず、デッサン力が確かなのと、配色がこれまたお見事。

なるほど、パティシェにせよシェフにせよ、芸術的才能は不可欠ですが、小倉さんの場合はそんじょそこらのレベルではありません。

可愛いものは可愛く、荘厳なものはいかにも厳かに、美味しそうなものは今すぐにでも食べたくなるような、そんな雰囲気を一つ一つのクッキーに与えています。

 

 

f:id:wwptalk:20160731093044j:plain

 

 

女性のメイクアップアーティストとして、世界に知らぬ人がいないとまで言われるシュウ・ウエムラも、小倉さんの作るクッキーには感嘆のため息をつくんだとか。

今や、多くのセレブを虜にしているアントルポですが、当初はただ作ったクッキーを見て欲しいがために、SNSに写真を撮ってアップしたのが始まりでした。

そのユニーク性と美しさから、瞬く間に噂は広がり、最近は注文の切れることがありません。

 

そもそも、店舗展開はせず、ネットでの受注発注だけを行う予定でした(それは今も続いています)

しかも、アイシングでのデザインを出来るのは小倉さんただ一人。

種類によってはかかる時間も異なりますが、全ては彼一人による創作品です。

 

それにしても、これがアイシングだけで出来た芸術品(いやいや、クッキーだし)だとは、いかにダヴィンチといえど分かりますまい。

 

 

これがクッキー? ウッソー? いや、本当です。

 

 

まさに芸術と呼ぶに相応しい、小倉パティシェによるアイシングクッキーです。

 

http://www.antolpo.com/gallery.html→こちらがHPになります。

 

素晴らしい作品(おっと、クッキーです)が目白押しです。

ぜひ、目の保養にお越し下さい(よければ買ってね)

 

 

f:id:wwptalk:20160731093148j:plain

 クッキークジラ。ここにはシーシェパードも寄ってこれません。

 

 

こちらもおススメです。

yorozunippou.hatenablog.com