読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

錦織圭選手「ロジャース・カップ」で復活か!?これぞ彼女と別れるいい機会

ウインブルドンでも8強に入れず、怪我による試合放棄が目立っていた錦織圭選手が、この度の「ロジャース・カップ」で決勝戦に進出しました。

目の上のたんこぶとでも言うべきワウリンカ選手を2ー0のストレートで下し、残るは決勝での相手を倒すだけとなりました。

肝心の決勝戦での対戦相手ですが、大方の予想ではジョコビッチ選手が有力です。

 

 

f:id:wwptalk:20160731082350j:plain

 

 

「ロジャース・カップ」の決勝に駒を進めたのは今回が初めてで、ぜひこの勢いのまま優勝をさらってもらいたいところです。

とは言え、やはり相手も、最後まで勝ち残ってくる万夫不当の勇者です(言い方が時代がかってる)

そうやすやすとは勝利を譲ってくれません。

 

最後の最後で緊張感を切らさずに、とにかくベストの状態を維持しながら決勝に臨んで欲しいものです。

この「緊張感」で思い出されるのが、それこそ彼のいい具合の緊張感を根こそぎ削いでしまう、余計な人間が近くにいることです。

錦織選手をどう手管にかけたのかは分かりませんが、一刻も早く手を切るべきですね。

 

ひょっとすると、もう切ったのかな?

 

年間数十億の収入があり、CMには出放題で、テレビ番組にはひっぱりダコともなれば、世界中の女性が寄ってくるに違いありません。

フレンチオープンや、ウインブルドンのように、大きな試合が開催される国では、国主に会うこともあるでしょう。

そうしてみれば、錦織圭選手は、もはや一介のテニスプレーヤーではないのです。

 

時には、国を代表する特使としても扱われる身分です。

全く無名のタレントでも、彼の側にいるだけで、自身ではどうにも経験できないことまで出来てしまいます。

しかも、錦織選手はテニス一筋の好青年です。

 

男を手玉に取ってきたような女が相手では、それこそ秒殺で骨抜きにされかねません。

これだけ業績が大きくなれば、周囲のブレインでもそうそう強くは言えないでしょうし、またそれをいいことに、邪な考えを持つ女なら図に乗ります。

またそんな女に限って、テニスにフォーカスする力を他に使わせてしまうのです。

 

世間ではそんな女をサゲマンなどといいますが、錦織選手に取り憑いているのかが心配です。

このところ目立った成績を残せていないのも、おそらくサゲマンの影響ではないでしょうか。

「誰ぞそいつを退治してくれ!」と、両手を合わせて拝みたくなります。

 

いずれにせよ、もう一つ勝てば念願のマスターズが手に入ります。

それにより、今までどの日本人プレーヤーも見たことのない、全く新しい世界が広がるのです。

ぜひ、優勝をモノにして、世界的に有名で、聡明な美女と付き合うようになってもらいたいですね。

 

天下の錦織圭には、天下一の女が似合います!

 

こちらもおススメです。

yorozunippou.hatenablog.com