よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

世にも大きなペットのお話 超巨大犬20

ペットは癒しになるとして、最近ではペットセラピーが一種のブームになりつつあります。

犬派と猫派に分かれていますが、それぞれに特徴があり、どちらを選べばいいのか迷ってしまいます。

性格は猫的でも、飼うなら犬がいいという人もいて、自分の性格とペットの性格は必ずしも一致はしないようです。

 

最近、ネットサーフィンをしていたら、こんな写真を見かけました。

そこで、何となく調べてみると、犬はこんなにも大きくなることが分かりました。

 

率直に言って、驚きです!

 

アニメ「銀魂」を好きな人ならお分かりでしょうが、定春かって?!

 

 

f:id:wwptalk:20160730144944j:plain

 

 

それでは、世界の超巨大犬をご覧下さい。

 

 

f:id:wwptalk:20160730143125j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145135j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145202j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145226j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145245j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145305j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145331j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145353j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145411j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145435j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145502j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145523j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145550j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145612j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145634j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145937j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730145956j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730150041j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730150124j:plain

 

 

 

f:id:wwptalk:20160730150141j:plain

 

 

「まあ、どれだけでかいねん!」ってツッコミが入るのは当然ですが、世話をするのも大変そうです。

食費はどれだけかかるのか、散歩にはどれくらいの時間を要するのか、少し考えただけでも頭が痛くなりそうです。

しかし、犬が好きな人にとっては、そんなことは大した問題では無いのでしょうね。

 

猫派の私にとっては、犬も可愛いのですが、若干主体性に欠けるところがあるので一緒には暮らせません(同棲かっての)

いくら血統でも、これだけ大きくなるのは珍しいようです。

でかい犬の親はやっぱりでかく、そんな犬が二匹も三匹もいては一家の経済が成り立たないわけですが、それでも好きな人は無理をしてでも飼うのでしょうね。

 

猫は犬よりも手がかからないとはいえ、やはり動物を飼うのは大変です。

最近では、好きで飼っておきながら、少し難しいことがあると直ぐに飼育放棄をする人がいます。

血を分けた子供に対しても育児放棄する人がいるくらいですから、モノ言わぬ動物ならなおさら平気なのでしょう。

 

たとえ言葉は分からなくても、付き合えば付き合うだけ、愛情を返してくれるのが動物です。

勿論、信頼関係は必要で、好きでもない飼い主には敵意しか表しません。

それだけに、日頃からのコミュニケーションが重要になります。

 

もっとも、どこまで意思の疎通が図れるのかも分かりません。

ただ、少なくとも好き嫌いははっきりしているので、ペットの嫌がることさえしなければ良好な関係は築けます。

少々手はかかっても、やはり動物は可愛いものです。

忍耐強く付き合って欲しいものですね。

 

それに、写真のように巨大な犬の場合、心が通っていなければ到底一緒には暮らせません。

銀さんは定春に噛まれても平気でしたが、生身の人間ではそうも行きませんから。

 

せっかく、縁があって飼うことになったペットです。

大切に育ててあげましょう。

 

 

 こちらもおススメです。

yorozunippou.hatenablog.com