よろず日報

世界中のあらゆる出来事の中からトレンドになりそうでならない、でもニュースバリューのある面白そうな事を探してアップしています。

宮根誠司「ミヤネ屋」を続投 フジ移籍を完全否定!文春発表はウソだったのか?

昨日の記事では、「宮根誠司がお昼の番組『ミヤネ屋』を降板、フジテレビに移籍」と書いた。

ところが、一夜明けた今日の番組内では、宮根氏自身がそれを真っ向否定。

ユーモアも交えながら、「情報ライブ ミヤネ屋」は来年3月以降も継続することを確認した。

 

タレントのゴシップ記事に関しては、二重三重の裏を取る「文春」だが、今回ばかりはいささか軽率だったようだ。

また、それを鵜呑みにした筆者も同類、あまりの愚かさに顔から火が出る思いである。

とは言え、文春が報道した内容に関しては、極力正確には伝えたはずだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

この際は、誤報(これは業界によくあるデストラクション工作か?)を行った「文春」に、責任を擦り付けるとする(実際、そうすることしかできない)。

 

いずれにせよ、昨日の記事は根も葉もない誤報であり、宮根氏には多大のご迷惑をおかけした。

ここに、謹んでお詫び申し上げます。

すみませんでした。

 

 

それでどうなる宮根誠司

 

f:id:wwptalk:20171018183257j:plain

 

 

結局、文春が誤った報道をしたために、「ミヤネ屋」の視聴率がまた上がったかもしれない。

今年上半期では、かなりの偏向報道(?)が問題視され、瞬間的に視聴率が下降する事件が起こった。

だが、依然として、フジやTBSの報道番組に水をあけているのは事実であり、今後もこの状態は続くと予想されている。

 

個人的には嫌いでもなく、むしろ古舘伊知郎氏を超える逸材として期待している(持ち上げ過ぎか?)。

あたかも、立て板に水を流したような「しゃべくり」は、おおよそ関西芸人ですら敵わない。

確かに、いささか世間の意志を逆撫でするような意見を発することもあるが、それはスポンサーや会社の意向を代理しているので仕方がない。

 

本人はそう思っていなくても、話題性のない番組を作るより、少々炎上する方がTV局としてはありがたい。

所詮は、数字との睨み合いを行うビジネスだ、下がるより上がることだけを考える。

宮根誠司に腹が立つ!」とおっしゃる視聴者がいるだけで、日テレ関係者は笑顔になるのだ。

 

 

それでもまだ宮根誠司が移籍すると信じている人

 

「報道ライブ ミヤネ屋」の中で、ジョークを交えても、フジテレビへの移籍を否定した宮根誠司氏。

その事実は、三文スポーツ新聞でも掲載されたが、まだ昨日の「文春」の記事を信じている人がいる。

これはもはや、情報弱者というよりも、認知不足というべきか。

 

今後「文春」が訂正記事を出すのかどうか、どのように釈明するのかが見ものだが、とにかく「ミヤネ屋」は存続する。

もちろん、「Mr.サンデー」が無くなることもなく、しばし八方が丸く収まるというものだ。

筆者は、この記事で訂正し謝罪しているので、これ以上は追及しないでいただきたい。

 

 

終わりに

 

そうは言っても、昼の帯番組が、これほど注目されているとは思わなかった。

普段は、「午後のロードショー」を見ることが多いので、CMの間だけチャンネルを他局に合わす。

もっとも、その間に見るのは「ミヤネ屋」だが、いつも面白い話題が流れているとは限らない。

 

フジにせよTBSにせよ、つまらないのは変わらない。

ただ、なぜ「ミヤネ屋」を先に挙げるのかと言えば、やはりMCの「しゃべくり」が面白いから。

日テレが宮根誠司をつかんでいる限り、昼間の牙城は安泰だ(これだけ「よいしょ」しておけば許されるだろう)。

 

しかし、否定しておきながらも「移籍」したなら、これはこれでまた面白い。

そうならないことを願っておこう。

 

ああ、しんど、アルシンド

 

 

Amazonのベストセラー電子書籍を無料で手に入れる
無料書籍をプレゼント中!